自分で確定申告ができてしまう?!書画・骨董、ゴルフ会員権の売却にかかる所得税

2級FP技能士ってどんな勉強をするの?どんな内容の資格なの?と、気になるけどとても不安だと思います。実際には下記の科目に分かれています。

  • ポートフォリオプランニング
  • ライフプランニング
  • リタイアメントプランニング
  • リスクマネジメント
  • タックスプランニング
  • 不動産プランニング

現在私は2級FP技能士=AFP資格の上級資格、CFPを目指して改めて勉強を始めたわけですが、今回はタックスプランニングを受験する予定です。

2級FP技能士試験の時に勉強したはずなのに、覚えてないところはもちろん、理解不足のところもあり、また、学んでない、ではおかしいはずなのに、全く知らないこともあり、イチから勉強をしています。

その中で、現在勉強してるタックスプランニングの中から、どんな問題を問われるのかお答えしたいと思います。


日常生活に必要のない、いわゆる贅沢品を売った場合の所得税の計算方法を知っていますか?

贅沢品とは書画・骨董、ゴルフ会員権や宝石などを差します。

書画、骨董、ゴルフ会員権を売った時の所得は何所得になるでしょう。

現在CFPのタックスプランニングの受験のために過去問題集をやっているのですが、理解不足と、忘れてしまっているところとあって、試験では絶対問われる大事なところなので、確認です。


課税方法:総合課税  (同じ売却でも土地建物の売却は分離課税です)

所得の種類:譲渡所得

 

!総合課税の譲渡所得の計算方法は、所有期間に応じて変わります!

 

所有期間: 5年超 長期譲渡所得
5年以内 短期譲渡所得

 

計算方法:

長期譲渡所得金額=譲渡価額ー(取得費+譲渡費用)-50万円 × 1/2

短期譲渡所得金額=譲渡価額ー(取得費+譲渡費用)-50万円

 

●短期譲渡所得には 1/2 はありません。

●譲渡益がが50万円以下の時には、その金額までしか引くことはできません。

●同じ年で、2つの総合譲渡に該当する所得があり、片方はマイナス、片方がプラスだった場合はその総合譲渡の中で損益通算ができます。

例えば、どちらも5年超の所有とした場合

  • 書画:譲渡価額200万円ー(取得費60万円+譲渡費用5万円)=135万円
  • 宝石:譲渡価額60万円ー(取得費80万円+譲渡費用2万円)=▲22万円

書画135万円+宝石▲22万円ー50万円×1/2=31.5万円

 

となります。

 

知っていればなんてことない知識なんですが、知らないと、全く見当もつかない問題です。会計事務所での確定申告では、手計算なんてすることなくて、所得税申告ソフト頼みなので、こんな初歩的なこと…と思われがちですが、そんなものです。

ポジティブに勉強しよう!と言い聞かせています。

こういう知らないことを身に着けられるから、2級FP技能士資格っていいんですよね。相談も含め聞かれたときに、即答できることがもちろんベストですが、すぐに答えることができなくても、あーここ前勉強したところだったよな、なんだっけ?!と確認して、本当の自分のモノにしていけます。

こういう知識をみんなが身に着けていたら、いつ売ったら得か、今年はいくらくらい税金払わなければいけないかな、と自分で分かるので、2級FP技能士っていいんです。だからいいよ~と同僚にはおすすめするのですが、もしお客様が2級FP技能士を持ってたりすると、会計事務所の仕事なくなっちゃうな~っていうのが本音で、2級FP技能士のタックスプランニングは、所得税についてが網羅されています。

給与所得者はもちろん、所得税を納める人にはには、特に知っていて欲しい知識ばかりです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました