FP技能士は転職時に評価される資格なのか?3級と2級の違いは?

 

転職することに決めた!

転職を有利に進めるために、まずは資格取得から行動を起こすぞ!と思った時、FP技能士って資格欄に書いて評価される資格なのかな?

 

履歴書の資格欄に書く資格は、3級FP技能士を書いてもいいですか?

2級FP技能士からじゃないと、履歴書の資格欄には書くべきではないですか?

いざ転職のためにFP技能士の資格取得を決めたものの、3級FP技能士と2級FP技能士の評価の違いについて、また、そもそも資格欄で評価される資格なんだろうか、と不安がよぎると思います。

今まで多数の履歴書を見る機会がありましたので、言わせてもらうと、資格欄にはまず今まで取得済みの資格は全て書くべきです。

色々な意見、考え方があると思いますが、学歴に相応した資格は絶対書くべきです。

例えば、短大卒で秘書課だった人が資格欄が、自動車免許しかなかったら、何しに秘書課行ったんだろう、って思ってしまいます。本当は秘書検定持っているのかもしれません。でも書かれてなかったら何も評価されません。

同じように、コンピュータ系の専門学校卒業した人で、これまた自動車免許だけ。うちの会社に入る気あるのか、やる気るのかな、と取られて当然です。

 

普通、何かあるでしょう・・・

 

まずは書類選考の履歴書に、持ってる全てを投入してください。

どんな資格でも大丈夫です。昔の栄光でいいんです。

ですから、3級FP技能士に合格したら、ぜひ書いてください。履歴書に書けない資格、書かない方がいい資格なんてありません。

転職しようと思ったら、まず資格の「棚卸」をしてください。現在の仕事とは無関係の資格でもいいんです。

そして、もし今2級FP技能士を合格に向けて勉強中だったら、取得予定で書いてください。

 

取得予定って書いて不合格だったらどうしよう…採用されたのは、2級FP技能士に合格する前提だったからも。

 

そんなこと考えなくて大丈夫です。

2級FP技能士に合格しようと、不合格であろうと、取得予定だったことに変わりはありません。

でも、2級FP技能士を取得予定と書いたからには、ぜひ合格して欲しいです。

実際3級FP技能士と2級FP技能士と取得して思うことは、3級FP技能士の知識はファイナンシャルプランナーとして浅いな、ということです。やはり、2級FP技能士に合格しないと、いざ相談などされた時に答えに窮するのではないかな、と思います。FP資格を持ってます、ファイナンシャルプランナーです、と言うからには、ある程度知識と自信を持っていたいじゃないですか。

3級FP技能士で勉強をやめてしまわず2級FP技能士を目指しましょう!というのはそこにあると思います。

そして、FP技能士は履歴書に書いて評価される資格なのか、という懸念ですが、FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)は、国家資格です。テレビやCMでもよく見聞きする資格となりました。

自称ファイナンシャルプランナーの方もいるようですが、FP技能士資格を取る=国がファイナンシャルプランナーとして認めてくれているのです。

FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)が国家資格である点だけでも、履歴書に書いて評価される資格だと言って過言ではありません。

FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)は履歴書に書いて評価に値する国家資格です。

おすすめの2級FP技能士の通信講座の選び方

タイトルとURLをコピーしました