転職する時に大事なことは、自分の価値を知ることです。

転職したい

今の会社を一分でも一秒でも早くやめたい!

辞めたいと言ってもいいですか?

一度、今の会社をやめたい、と思ったり、転職したいと思ったら、即行動したくなるものだと思います。

 

しかし、あまりおすすめしません。

 

なぜなら、現在の会社を辞めた後、あなたの需要があるか分からないからです。
転職がうまくいかない場合があるかもしれません。

あなたにたくさんの蓄えがあって、多少転職活動が長引いたって、大丈夫な場合は別です。

今の会社をスパッとやめて、転職活動をじっくり行えばいいと思います。

しかし、できることなら、転職活動期間は短い方がいいですよね。転職活動期間が長いということは、収入が途絶えることを意味しますから。

 

まずは、自分の世の中における価値を正確に知りましょう

若いうちは特に、自分はどこの会社でもやっていける年収だって今よりたくさんもらえるはずだ、と思いがちです。

 

しかし、そう思っているのは自分だけではありませんか?

 

どこかの会社からヘッドハンティングが来たわけでもなければ、年収の提示があったわけでもありません。

 

では、自分の価値ってどうやって測ることができるのでしょうか

今現在での会社での実績があれば、それを評価するのもいいでしょう。
営業職であれば、自分の上げた売上高、ノルマ達成などで判断すればいいでしょう。

しかし、実績がない人はどうしましょう。

職務経歴書に、こういう仕事に取り組んでいます。こういうことをやることができます、と書くしかありませんね。

そんな時に公平に評価されるのは、やっぱり、資格ではないでしょうか。

パソコンできます、office得意です!EXCELもできます、っていくら口で言っても、「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)のEXCELエキスパート取得」って書いてある人に、採用時の評価では敵わないわけで、資格は嘘をつかない、というか、正確に近い評価をしてくれるツールだと思います。

若いうちに勉強しとけ、資格をたくさん取りなさい、って言われる所以はそこにある気がします。

 

しかし、すでに今の会社をやめたいわけです。

でも、自分にどれほどの価値があるのか分からない。そんな時は、正確に判断してくれる人や機関を上手に利用するのが良いです。

もし派遣会社へ行けば、履歴書や職務経歴書のチェックだけでなく、一般常識テストやパソコンの実務テストなどもあり、すぐにでも仕事を紹介できるレベルなのか、また、能力レベルが基準以上であれば、それに見合った案件があれば、紹介も随時してくれます。

同じように、転職サービス会社に登録(WEB上で)しておけば、あなたの経歴や資格などを総合的に判断して、また希望の案件を紹介してくれるサービスがあったりもします。今すぐに転職でなくても、自分の思っていた価値と、世の中の需要とがマッチしているのかを知ることもできますよね。もしかすると、転職はまだ早い、資格取得しよう!と考え直すきっかけになるかもしれません。

次の会社は失敗しないぞ、と思うなら、転職サービス会社を使うのもおすすめです。
10万件の企業口コミ。キャリコネ

転職活動時には、自分の価値の棚卸をぜひ行ってください。資格もだし、経歴も、実務も、どういうことができるのか、どういう知識を持っている人なのか、が重要視されます。

タイトルとURLをコピーしました