月50万円もらって生き甲斐のない生活 V.S. 月30万円の安月給でも楽しい仕事

 

阪急電鉄「働き方啓蒙」中づり広告「月50万円」に「不愉快だ」など批判、掲示とりやめ 毎日新聞より

ヤフーニュースに出ていたニュースです。

 毎月50万円もらって毎日
生き甲斐のない生活を送るか、
30万円だけど仕事に
行くのが楽しみで
仕方ないという生活と、
どっちがいいか。

 研究機関 研究者/80代

 

 

上は阪急電鉄の中づり広告で、働く人への啓蒙(けいもう)メッセージだそうです。

結局10日で広告を取りやめることになったそうですが。

 

私は会計事務所職員でもあり、ファイナンシャルプランナーなので、FP目線で見てみます。

まず、毎月50万円もらう、という表現は、手取りを表していると思います。

手取りとは、社会保険料、源泉所得税、住民税が差し引かれたあとの金額です。

逆算していくと、

手取り金額50万円とした場合
総支給 700,000円
社会保険料(健康保険料)   39,542円
社会保険料(厚生年金)

  56,730円

雇用保険料     2,100円
源泉所得税   47,100円
住民税   50,000円
差引計 504,528円

 

ざっくりですが、手取りで50万円もらおうとしたら、総支給は70万円です。

賞与は考えないとしても、年収840万円です。

投稿は80歳代となっていますが、50歳代としても、どれだけの人が年収800万円もらっているのでしょうか。手取りで50万円手にする人がいるのでしょうか、という話ですね。

 

実は、私、上司の給与明細を見たことがあります。

もう時効だと思うので、書きますが、昔勤めていた会社の上司です。私が20歳代前半のころにその上司は40歳代後半、50歳より少し前だったのでは、と思います。

いわゆる大会社で、営業部門の課長職でした。

 

いくらだったと思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

45万円くらいだったと記憶しています。

 

 

 

その元上司は、生き甲斐のない生活を送ってなくて、仕事に趣味に(釣りと飲み会)にと忙しそうでした。

当時の私の給料は、その金額の3分の1くらいだったかな。こっそり見て、かなりビックリしたのですが(金額の大きさにです)、50歳くらいになったらこれくらいもらえるんだ…と私なりに納得したのです。今考えれば、当時は総合職、一般職とあった時代ましてやその上司は営業職。私が50歳になったとしてもそんなにもらえることはなかったと思います。世間知らずでした。

そして現在、私は会計事務所に勤めているわけですが、お客様の給与計算や、年末調整、確定申告をします。しかし、そんなにたくさんもらっている人、あまり見たことがありません。

若かりし頃、たまたま目にした上司の給与明細は、たくさんもらってる方の給与明細だったようです。

 

今回の阪急電鉄の中づり広告の話に戻ります。

不愉快になったと物申したのは、恐らく手取りで50万円もらってない人で、一生懸命働いて働いて、生活のためにやっと30万円もらっている域の人とそれ以下の人たち。それから手取りで50万円もらってはいるけれど、生き甲斐がなくても会社を辞めることができず、こちらも頑張って働いている人ですよね。

 

みんないろんな事情を抱えているのです。

 

30万円だけど、仕事が楽しい。

この だけど に反応してしまうんです。

私なら30万円ももらって、その上仕事が楽しい!とあれば最高なのにな、と思うことばかりなので、 朝から電車で、こんな落ち込むような、投稿者の自慢ともとれるような記事を見ると、ため息と怒りしかありませんね。

 

一生懸命生きているのに、報われない感を余計に感じさせられます。

 

これからどうしたらいいんだろうと、悩んでも考えても答えは出ないけれど、何か自分にプラスになるようなこと、将来の自分へあげられる何か、を見つけたい感にかられます。

 

将来が心配だから、貯金に励む、もいいだろうし、

貯金の利息って微々たるもの。だったらお金を貯めながら、投資もしてみよう。

投資もいいけれど、長く働くために、体力づくりもいいよな。

そして、体力だけでなく、能力づくりとして資格取得もいいかもしれません。

 

芸は身を助く

 

資格が芸とイコールがどうかは自信ないですが、いざという時の、自分を支えてくれるものかな、と思います。

 

2級FP技能士に魅力を感じて資格取得を決めた理由
おすすめの2級FP技能士の通信講座の選び方

タイトルとURLをコピーしました