寡婦って何?

確定申告を終えて、またFP資格勉強が役に立ちました。 「寡婦」です。 カフと読みます。聞いたこともなければ、言ったこともないという人がほとんどではないでしょうか。私もそうでした。 グーグルで検索すると「おんなやもめ」とか出てきますが、おんなやもめとか言われても分かる人どれくらいいるのでしょう。ウィキ... 続きを読む

今を変えたい時にこそおすすめする資格

今の環境を変えたい、何とかしたい、と思うことはありませんか? 今は専業主婦だけど、いずれ子供が大きくなったら社会復帰して再就職したいと考えている女性。 また、今の会社に不満。現状を変えるべく転職したいけど、すぐに仕事が見つかるか不安。何か資格でも取れば転職がうまくいくかも。そんな人も多くいると思いま... 続きを読む

注目!FP(ファイナンシャルプランナー)としての仕事

FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事に興味を持って、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取ろうかと悩んでいるあなたにとって、知りたいのはどんな仕事をするのだろう。どんな仕事ができるのだろう、ということではないでしょうか。 FP(ファイナンシャルプランナー)になったけど、仕事はない、というこ... 続きを読む

間違えやすい住民税の普通徴収と特別徴収

会計事務所勤務に関わらず、経理課・総務課に勤めるのであれば必ず知っておかなければならない、住民税の徴収方法です。もちろん、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格試験でも出題される用語です。 住民税の計算は、会社勤務の人であれば、会社から社員の住所地の市町村へ前年分の給与支払報告書を翌年の1月31日... 続きを読む

AFP登録完了セット

2級FP技能士の試験に合格し、AFP認定研修を修了して、AFP認定機関から終了証明をもらえたら、日本FP協会へAFP登録申請を行います。 AFP認定研修終了証明書 技能検定合格証書コピー AFP登録申請書 -会費引落講座の記入もあり AFP約定書 -裏面に免許証のコピー(本人確認書類)を貼る 登... 続きを読む

会計事務所の仕事を知る、入社後にも使えるお守りの本

かれこれ6年ほど前になるでしょうか。会計事務所に入社するときに購入した本が、「会計事務所職員のための総務・経理実務」というちょっとマニアックな本です。会計事務所に入社する前は読んでも実感がわかなかったのですが、入社後はお守りの本となりました。   税務的なことばかり、申告書を作ることが仕事だ、と思っ... 続きを読む

セルフメディケーション税制がスタート

最近話題に上ることが多くなってきた、セルフメディケーション税制が平成29年1月1日にスタートしました。 簡単に言えば、市販薬を購入して12,000円以上になれば、確定申告をすることによって控除しますよ、というものです。 しかし、色々な条件があります。 市販薬といっても薬局に売っている全ての薬がセルフ... 続きを読む

FP(ファイナンシャルプランナー)じゃなくても使えるFP手帳

FP試験に使えるFP手帳の話をしましたが、FPじゃなくても、FPの資格はいらない人でも役に立つのがFP手帳だと思っています。 前半はもちろんスケジュール帳になっているし、後半部分は実生活で使える資料が載っています。 例えば、FPの試験に出てくるような深い内容のものから、「結婚・新生活にかかる費用相... 続きを読む

生命保険<契約者と被保険者、受取人>

FP技能検定で出題されるところです。 FP(ファイナンシャルプランナー)になるためには、理解しておかなければならない事項です。 契約者:保険会社と契約する人=保険料を支払う人 被保険者:保険の対象者=被保険者に何かあった時に保険金が支払われます 受取人:被保険者に何かあった時に保険金が発生した場合... 続きを読む

FP技能検定での苦手な分野<係数早見表>

FP技能検定で、ファイナンシャルプランナーの資格を取るための勉強で苦手なところは、係数早見表を使うところです。もともと算数が苦手(数学のレベルではありません)なので、係数早見表の係数の数字の羅列に何の意味があるのか全く分かりませんでした。 しかし、試験には出る! 暗記するしかありません。何の金額を求... 続きを読む