知らなかったでは遅い!小規模宅地等の評価減の特例

3級FP技能士の学習範囲で出てくる、小規模宅地等の評価減の特例ですが、実務でも使います。 改正がありましたが、これから学習する方は改正後の限度面積と減額割合を覚えていれば大丈夫です。改正前の限度面積と減額割合を覚えている方は、チェックが必要です。 相続の開始のあった日が「平成27年1月1日以後」の場... 続きを読む

会計事務所は12月半ばから繁忙期

恐らくどこの会計事務所でも12月半ばから3月15日までが繁忙期ではないでしょうか。 12月から? 確定申告は2月からでしょ?!と思われがちですが、12月は年末調整があり、半年に1回の源泉所得税の納付が翌年の1月20日までなので、その納付に年末調整も反映させないといけないことから、12月のお給料が出て... 続きを読む

2級FP技能士の受験資格

AFP資格を取るための登竜門、2級FP技能士の検定を受けるためには受験資格が必要です。 これは日本FP協会の場合の話です。 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者 (AFP認定研修の受講者番号が必要です) 3級FP技能検定の合格者 (3級FP技能検定の合格番号←合格証書の番号と同じです。... 続きを読む

FP技能検定3級と2級の違い

TACでFP3級本科生の通信講座を受講し、日本FP協会から3級を受験し、平成24年10月に合格。 その後ECCで2級FP通信講座を申し込み受験して、平成25年10月に2級FP技能士に合格。 ECCにAFP認定研修である提案書を提出し、AFP認定研修終了証明書をもらい、平成25年12月にAFP取得の運... 続きを読む

目標はAFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)

FP技能検定3級は、学科試験と実技試験から成り、 日本FP協会から 又は 金融財政事情研究会(きんざい)から のどちらかへ申込むと受験することができます。 合格すると【3級ファイナンシャルプランニング技能士】と名乗ることができます。 実技試験って何するの?と心配になりますが、学科試験と変わらない筆記... 続きを読む

最初はFP技能検定3級から受験

私のファイナンシャルプランナーの学習歴は遡ること10数年。20代前半の頃に某資格スクールに通いFP資格をとるぞ!と勉強していました。ファイナンシャルプランナーの資格がまだできたばかりの頃で認知度も低く、しかし、これは流行る資格だっていうのもおかしいですが、これは来る!という根拠のない予想をして勉強を... 続きを読む

初めまして!

初めまして! この「会計事務所に勤めるファイナンシャルプランナーがおすすめするFP資格の魅力」のブログは会計事務所に勤めながら、FP資格を持っていて良かったこと、FPの知識が生かせたことを基にFP資格の魅力を書くことで、これからファイナンシャルプランナーの勉強を始めてみようかな、ぜひファイナンシャル... 続きを読む