FP技能検定3級と2級の違い

TACでFP3級本科生の通信講座を受講し、日本FP協会から3級を受験し、平成24年10月に合格。

その後ECCで2級FP通信講座を申し込み受験して、平成25年10月に2級FP技能士に合格。
ECCにAFP認定研修である提案書を提出し、AFP認定研修終了証明書をもらい、平成25年12月にAFP取得の運びとなりました。

AFPを取得するためには、と当時かなり調べましたが、いまいち分からない、分かりにくいゴールまでの道のりで、一つ一つ調べながらようやく手に入れたAFPです。

3級だけじゃだめなの?と思うと思います。

私は形から入る人間なので、名刺の肩書が3級FP技能士や、2級FP技能士より、「AFP」の方がかっこいい!と単純に思ったからです。それにAFPになると、2年に一度資格の更新があり、資格更新の条件は、研修等を受け2年で15単位取得しておかないとAFPの資格更新ができないということです。合格したら終わり、という資格や検定が多い中で、研修を受けて単位を集めないと資格更新ができない、というのは、FPの仕事に携わっているいないに関わらず、やっと取った資格をさらにスキルアップできる制度がある、ということに惹かれました。

実際、仕事で使うFPの知識としては、余程のことがない限り、3級FP技能士の知識で十分だと思います。しかし、3級だけではあくまでサラッと学んだだけで、より深い知識というのはやはり2級であることに間違いはありません。難易度もグッとあがります。

3級が広く浅く、だとすると2級は広く深くです。

でも頑張ったら、何度も言うようですが、「AFP」の肩書を取ることができます。

2級FPの勉強をしておいて良かったな、と思うことを一つ。

長期平準定期保険って聞いたことありますか?

これって2級FP技能士の試験にもよく出題される問題だと思います。法人契約の保険で見られますが、

保険期間満了時の被験者の年齢は70歳超
加入時の被保険者の年齢+保険期間×2=105超

の保険で経理処理は前半の6割の期間は 1/2損金、1/2資産計上
後半の4割の期間は全額損金にして、前半の6割の期間に資産計上していたものを4割の期間で均等に損金計上していく保険です。

テキストを見るだけではただの暗記文章だし全くピーンときませんでした。しかし、仕事で法人の帳簿の記帳をするときに長期平準保険の資料があり、経理処理(仕訳)を入れていくときには、一度耳にしたことが合ったり、知識があったりするとスムーズです。保険業界の人であれば知っていることでも、他の人は知らないのが当たり前なんです。実際法人の役員も経理処理まで保険屋さんから聞いて知っているかと言えば知らないと思います。聞いてはいるんでしょうが、そういうところは会計事務所にお任せのところが多いので。

やっぱり、3級でやめずに2級FP技能士(AFP)を取って良かった、と思います。
FP(ファイナンシャルプランナー)資格をおすすめする理由はコレ