注目!FP(ファイナンシャルプランナー)としての仕事

FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事に興味を持って、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取ろうかと悩んでいるあなたにとって、知りたいのはどんな仕事をするのだろう。どんな仕事ができるのだろう、ということではないでしょうか。

FP(ファイナンシャルプランナー)になったけど、仕事はない、ということは一番避けたいですから。

本当にFP(ファイナンシャルプランナー)資格は使えるのか?

FP(ファイナンシャルプランナー)として活躍できる仕事はおおまかに分けて主に3つに分かれると思います。

  • FP(ファイナンシャルプランナー)として開業してお客様の相談にのる
  • 会社に就職をして、企業内でFP(ファイナンシャルプランナー)として働く
  • 会社に就職をして、企業内でFP(ファイナンシャルプランナー)の知識を使って働く

FP(ファイナンシャルプランナー)として独立してお客様のライプランの相談にのり、相談料をもらうというのが独立系FP(ファイナンシャルプランナー)だとすると、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格勉強で学んだことが一番生かされると思います。ただ、FP(ファイナンシャルプランナー)資格を取りました、ではすぐにFP事務所を開業、となっても厳しいでしょう。

勉強と実務とは違います。

たくさんのライフプランを提案した経験と実績がないと開業FP(ファイナンシャルプランナー)として活躍するのは難しいと思われます。FP(ファイナンシャルプランナー)資格を取った後は、開業FPを目指すべく、FP事務所へ就職できるように体制を整えた方が良さそうです。

では、どこかの会社に就職をして、企業内FP(ファイナンシャルプランナー)としてFP資格を活用する場合はどうでしょう。FP事務所や、社員等への福利厚生の一環としてFP(ファイナンシャルプランナー)を置いている企業であれば、FP資格がそのまま生かすことができそうです。
ただ、お気づきかと思いますが、企業内FPを置けるほどの会社はそうたくさんはないと思いますので、狭き門となるでしょう。FP事務所の数も限られていますので、こちらも厳しいでしょう。

FP(ファイナンシャルプランナー)資格の知識を使って仕事の幅を広げるのがおすすめ

それでは、どこかの会社に就職をして、直接ライフプランの提案などのFP(ファイナンシャルプランナー)としての仕事は少ないかもしれないけど、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格試験勉強で身に着けた知識を武器に企業で働くのはどうでしょうか。

私も会計事務所で、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格試験勉強で見つけた知識を使って働いています。

金融系の職種に限らず、一般企業の事務職、総務職、経理職でもFP(ファイナンシャルプランナー)の資格は使えますよね。FP(ファイナンシャルプランナー)はお金にまつわるすべての知識を集約した資格ですから、どこの会社でもFP(ファイナンシャルプランナー)資格は使える資格というわけです。。お金を扱わない会社はないですから。

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格は、就職に有利な資格、とも言われていることに改めて納得ですね。